2007年09月24日

レミゼ エピローグ



行きましょう 自由な処へ
悩み 洗い流され
神めぐる 洗えども
罪深きわが身 あなたのもとへ

神よ 救いの世界へ
愛は常しえに行き

誰かを愛することは
神様のお傍にいることだ


若者たちの 歌が聞こえるか
光求め高まる 歌の声が
世に苦しみの 炎消えないが
どんな闇夜も やがて朝が
彼ら主の国で 自由に生きる
鋤や鍬を取り 剣を捨てる
鎖は切れて 皆救われる

列に入れよ 我らの味方に
砦の向こうに 憧れの世界
みな聴こえるか ドラムの響きが
彼ら夢見た 明日が来るよ
列に入れよ 我らの味方に
砦の向こうに 憧れの世界
みな聴こえるか ドラムの響きが
彼ら夢見た 明日が来るよ
ああ 明日は〜
ラベル:レミゼ
【関連する記事】
posted by イシイ at 03:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
dummy dummy dummy
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。